神戸の離婚相談なら
海の見える法律事務所

離婚相談-神戸マリン綜合法律事務所

Tel. 078-708-1919
お問い合せ

離婚相談事例

離婚と慰謝料

離婚のご相談の中で、条件として「慰謝料」を希望される方は多いです。
「慰謝料」とは、精神的苦痛による損害の賠償です。
婚姻中に、配偶者が不貞(不倫)をした、配偶者から暴力を振るわれた、暴言を受けたといったことで、慰謝料を求めるのが一般的ですが、「離婚」そのものにより配偶者の地位を失うことによる精神的苦痛に対する慰謝料という意味も含まれて考えられることもあります。

実際には、話し合いで慰謝料を支払うことに合意するというケースは少ないです。

慰謝料の原因についてどういう内容の証拠がどの程度あるのかよっても、話し合いや調停、訴訟で慰謝料が認められるかどうかに影響します。
離婚の話し合い時には証拠を集める機会を逸していることもあるでしょう。

また、日本の裁判所が考える「慰謝料」の相場は、皆さんが考えるよりかなり低額です。ですので、低額な慰謝料のために証拠を集めたり、さらには慰謝料を請求する裁判までする価値があるのかどうかを慎重に検討する必要があるでしょう。

離婚や慰謝料については正確な知識に基づく早めの対応が必要です。
経験豊富な弁護士にご相談ください。